最新・注目・今日の気になる話題 トレンドニュース情報館 TrendNews

最新の気になる話題、注目ニュースをまとめてお届けするポータルサイトです。

GIGAZIN

新型コロナウイルス感染症の患者は幻覚や錯覚に見舞われている可能性、入院の長期化や死亡リスクとの関係も

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や、2002年~2004年にかけて流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)、2012年に発生した中東呼吸器症候群(MERS)などの感染症例3000件以上を横断的に精査した研究結果から、「入院中のCOVID-19患者の4人に1人が、意識混濁や奇妙で脅迫的な思考、幻覚などに襲われるせん妄を経験する可能性がある」ことが判明しました。せん妄の症状は過去に発生したSARSなどでも見られた既知の症例ですが、こうした事例では入院期間の長期化や、死亡リスクが倍増する危険性があることも分かっているため、COVID-19においても注意を要すると専門家は指摘しています。

続きを読む…

提供元: GIGAZIN
新型コロナウイルス感染症の患者は幻覚や錯覚に見舞われている可能性、入院の長期化や死亡リスクとの関係も