最新・注目・今日の気になる話題 トレンドニュース情報館 TrendNews

最新の気になる話題、注目ニュースをまとめてお届けするポータルサイトです。

fumumu

“褒める“は意外と難しい! 褒められて「やめてくれ…」と思った経験3つ

ショックを受ける女性
(Deagreez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

相手をとにかく褒めさえすれば、喜んでくれると思い込んでいませんか? 褒め方によっては、逆に相手に不快な思いをさせてしまう可能性もあるようです。

褒められて「やめてくれ…」と思った経験を、fumumu取材班が聞いてきました。

①大げさに言われる

「褒めてもらうのはうれしいけど、あまりにも大げさだと、なにか裏があるのかな? と疑ってしまいます。ずっと同じことで褒め続けるとか、こちらがお礼を言ってもずっと褒める言葉がとまらないとか…。

もちろん本音で褒めてくれている場合もあるんでしょうけど、なんだか、営業されているような気分になるんですよね。褒めて気分を上げて、契約に進ませようとする営業の人っているじゃないですか。

本気で相手を褒めたいとしても、相手の反応を見ながらにしたほうがいいと思います。困った顔をしていたら、テンションをクールダウンさせたほうがいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

関連記事:褒めればいいってわけじゃない!? 人を不快にさせる褒め方3つ

②お世辞がバレバレ

「本音で褒めてくれるなら、どんな褒め方であってもうれしいです。反対に、お世辞で褒められても、まったくうれしくないですね。

相手のことをすごいとカケラも思っていないのに、形だけで褒めるのは失礼だと思います。自分ではバレていないと思っても、意外と相手に本音ではないことは伝わってしまうものですよ。

褒められることに慣れている人なら、さらにお世辞には鋭いと思います。本心ではないとバレて気まずい思いをするくらいなら、無理に褒めないほうがいいと思います」(20代・女性)

提供元: fumumu
“褒める“は意外と難しい! 褒められて「やめてくれ…」と思った経験3つ

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です