最新・注目・今日の気になる話題 トレンドニュース情報館 TrendNews

最新の気になる話題、注目ニュースをまとめてお届けするポータルサイトです。

fumumu

思い込みだと分かっていても…  無職になって辛いことTOP3

ベッドで悩む女性
(bunditinay/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

無職になってしまった時、何が一番辛いと思いますか? お金がなくなったり生活が苦しくなったりしてしまうことだと、普通は思いますよね?

無職を経験した人たちに聞いてみると、「お金以外の問題の方が苦しくて辛い」という意見も。

fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。

①自責の念

「無職になると、何もやることがなくなってしまって。『どうして私は、こんなにダメな人間なんだろう』と、24時間自分自身を責め続けてしまうことが、何よりも辛かったです。

何かしらやることがあれば、気が紛れるんですけどね。仕事もしていないのに、遊んでいたら不謹慎だと思われそうで、怖くて。でも、引きこもっていると、余計に自分自身を責めてしまって…負の無限ループでした」(20代・女性)

関連記事:みんなにはできる? 彼氏と乗り越えた大変だったエピソード

②周囲の同情

「コロナ禍で契約の更新がなされず、30代なのに無職になってしまいました。『コロナだから仕方がないよ』と、周囲は慰めてくれましたが、それと同時に、同情されるのも耐え難く…今は、引きこもり生活を送っています。

口には出しませんでしたが、『30代の再就職は厳しい』とか『コロナのせいで、これから先はもっと仕事がなくなるだろう』と、みんな思っているのでしょう。哀れんでいるような目で見られるのが、何よりも辛かったです」(30代・女性)

提供元: fumumu
思い込みだと分かっていても…  無職になって辛いことTOP3

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です